里見弴について

里見弴(さとみとん)


1888年(明治21)7月14日
~1983年(昭和58)1月21日
本名:山内英夫

 

昭和2年 個人蔵

 

明治、大正、昭和にわたって活躍した作家里見弴は

兄の有島武郎、生馬とともに、芸術家兄弟といわれています。

天賦の文才は白樺派の同人達や、師泉鏡花との交流のなかで開花し、

生涯にわたる創作活動から数々の名作を発表しました。

 

代表作には『善心悪心』『多情佛心』『極楽とんぼ』などがあります。

1959年(昭和34年)文化勲章授章。

1971年(昭和46年)『五代の民』で読売文学賞受賞(二度目)。

 

鎌倉とのかかわりは明治にさかのぼり、

父の別荘が由比ケ浜海岸ぎわに建てられたことに始まり、

里見自身は大正13年から御成町、西御門等、鎌倉の各所に住み、

扇ガ谷が終焉の地となりました。